クリーニングPro/EMS Airflow®︎

定期的なクリーニングが進化する。
このツルツルさ、元には戻れない。

16,500円(税込)から

ご予約はこちらから

予防先進国が出した、歯を残す答えです

予防先進国であるスウェーデン。実は80歳でも99%以上の方が自分の歯を20本以上残しています。それは毎月の定期検診とクリーニングを受ける割合が90%以上だから。
日本はどうでしょうか?毎月定期検診とクリーニングを受ける割合は2%程度です。
トラブルが起きてから歯医者に行くというサイクルだと、ずっと美しく健康な歯を保つことは困難です。
私たちの考える理想とは、トラブルを起こすことなく、健康な歯をキープすること。
そのために必要な定期的なメインテナンス。
自分ではいつ行ったらわからないメインテナンス間隔も的確にご提案いたします。

見えない汚れを可視化します

施術前に口の中に存在する細菌を青色に染め出します。細菌の塊であるプラークから薄いバイオフィルムまで、ありとあらゆる汚れがクッキリと。青く染まった部位がクリーニングの指標となり、プラークを取り残す確率を大幅に減らします。
また、染め出しを行うことで迅速かつ効率的に処置を行い、本来必要のない部位の過剰処置を防止します。
さらに、プラークを除去すると、新たな歯石が見つけやすくなります。
プラークを可視化することであなたのモチベーション向上にもつながります。

クリーニングでも使う水、根本から見直しました

当院の流れる水は全てEPIOS ECO SYSTEMにて次亜塩素酸の濃度を底上げ。通常の歯科医院で使われる様な水道水は使用しません。
細菌のいない綺麗な水のみをEMS Airflow®︎専用ボトルに補充して使用します。
また、歯周病原菌や虫歯菌に対して有効な成分が入っているので、ゆすぐ時も、処置中も、どんな時も常に口腔内を綺麗に保ちます。

え?全く痛くない!

完全に温度管理された除菌水を使うので触れる水は常に35℃。知覚過敏をお持ちの方でも歯がしみる事はありません。
また精製されたエピオス水を温めることでさらに殺菌効果を向上。徹底した口腔衛生環境を構築するための機材が揃いました。

知っていましたか?クリーニングでも歯は傷付きます

従来のポリッシングブラシと研磨ペーストによるクリーニングでは、ペーストが歯の表面のエナメル質を傷つけ、貴重なエナメル質を失うことになります。歯面の清掃は名ばかりで改善はしていないのです。
EMS Airflow®︎による清掃後はバイオフィルムや着色物のみを除去し、エナメル質は無垢の状態をお届け。電子顕微鏡レベルで観察しても、傷一つなく表面は非常に滑らかになるほどです。

わずか10μmの粒子が大活躍

粒子の直径がわずか14μm未満。EMS Airflow®︎ Poweder Plusは、とても微細な粒子です。従来のAirflowの60から80μmの粒径に比べおよそ1/8。
このパウダーの利点は、歯ブラシですら届かない部位の清掃はもちろん、歯面を傷つけることがほとんどありません。
歯肉や歯質を傷つけないように、やさしくバイオフィルムのみを効率的に除去することができる唯一無二の存在です。 桁違いの機械をご覧ください。

清掃器具を比較する

EMS Airflow®︎
0.009±mm
従来のAirflow®︎
0.07±mm
ポリッシングブラシ
0.2±mm
超音波チップ
0.5±mm

数あるエアフローの中でも比較になりません

EMS社以外にもパウダーを吹き付けて清掃する器具もありますが、EMS社の信頼できるところは研究論文が豊富なところ。
実際に、歯面に吹き付けてみて電子顕微鏡でその様子を観察したり、銀歯やセラミックスの表面、他にも色々なものに対する様子が電子顕微鏡で観察されています。
また、清掃効果やAirflow®︎を様々なシーンで使った場合の効果などが研究論文として出されています。
歯周病治療の最先端であるヨーロッパの学会等ではEMSのAirflow®︎が世界標準になっています。
他メーカーとは、歴史、研究の深みや信憑性が違うので、今のところエアフローといえばEMS社と言っても過言ではありません。

クリーニングも美味しく楽しく

甘い風味と穏やかなエリストールとシリカを使ったパウダーのため、2歳以上の幼児でも大丈夫。
エリスリトールは、ミュータンス菌への抗菌性を持ち、キシリトールよりもう蝕予防効果が高いことが認められています。
また、エリスリトールは歯周病原菌のバイオフィルムの形成を阻害するなど、歯周病予防にも効果があります。
快適かつ楽しい治療経験をご堪能下さい。

頑固な着色も、ブラシでは落ちない汚れも一発

パウダーにも秘密があります。粒子の細かいPowder Plus、頑固な汚れを落とすためのPowder Lemonの2種類を使いわける事で頑固な着色も、繊細な被せ物だってツルツルに。
あなたにぴったりのパウダーを使います。

深い歯周ポケットも、大丈夫

溝が深い歯周ポケットも専用のペリオフローノズルで奥底の汚れも安全に除去。
水平3方向のパウダー噴出孔と先端垂直方向へは水のみが噴射され、その水流の作る渦によって歯周ポケットからバイオフィルムを安全に取り除くことが可能になりました。
最大4mmから9mmの深い歯周ポケットに対応します。

インプラントの付け根まできっちり完璧

天然の歯と比べると複雑な形であり、歯根膜と呼ばれる歯と骨を繋ぐ膜もないため、比較的歯周病が悪化しやすいインプラント。
従来の清掃方法ではインプラントを傷つけ、バイオフィルムを落としきることも出来ませんでした。
EMS Airflow®︎はインプラントや被せ物表面を傷つけず、侵襲を抑え、効率的で安全なバイオフィルムの除去が可能です。

歯を滑沢に、よりタフに。どんな時もあなたの歯を守ります

クリーニング後の歯の表面は無垢なハイドロキシアパタイトが露出した状態。最も歯の表面に沈着物が停滞しやすい状態です。
これを利用し、治療後は歯質強化の為の超高濃度のフッ素を塗布。
虫歯菌の代謝阻害を起こしたり、あなたの歯を構成するハイドロキシアパタイトもより強くします。

歯並びが悪くても、矯正中でも関係ありません

ブラシが届かない場所はたくさん。
EMS Airflow®︎なら届かない場所はありません。歯並びの悪く磨きにくい場所でも、歯に矯正器具がついてる場所でも思いのまま。
細かな場所のバイオフィルムを容易に除去することが出来ます。

あなたにぴったりの歯ブラシをコーディネート

専属の歯科衛生士があなた専用に歯ブラシをコーディネートします。
もちろん普通の歯ブラシをお渡しする事はありません。当院で厳選したクラプロックス歯ブラシの中から最適なサイズ、毛量を選んでお渡し。歯と歯の間は専用のコンタクトゲージで最適な歯間ブラシを2種類まで選定、ご提案致します。
もう歯ブラシや歯間ブラシで迷う事はありません。

クラプロックスについて詳しく

一般的な歯ブラシの毛の本数約500から800本。
クラプロックス歯ブラシの毛の本数5460本から12000本以上。
桁違いの毛の本数で、プラークをしっかり除去します。
また、クラプロックスに使用しているCuren繊維は、一般的な歯ブラシのナイロンより柔らかく、弾性があります。
その為、僅かな力でブラシが凹凸面に自然に行き届き、ブラッシングによる歯肉へのダメージも軽減します。
一般的な歯ブラシでは1ヶ月も経たずにダメになってしまいますが、クラプロックスは耐久性が約3ヶ月ほどあります。

日々のケアにもう一つプラス

口腔内の細菌数約1000億から1兆個。これらをゼロにすることはできませんが、細菌数を減らすことで虫歯、歯周病になりにくい環境を手にすることができます。
EPIOS POIC®︎ウォーターの紹介です。
純粋な塩と純粋な水のみを長時間電気分解してできる次亜塩素酸水は、体に有害な化合物は一切使用していません。
それでいて、どの医薬品、洗口剤よりも優れた殺菌・殺ウイルス作用を示します。

  • 細菌:芽胞菌・カビ・カンジタ・ピロリ・その他多くの細菌(虫歯菌、歯周病菌)などに有効
  • ウイルス:新型コロナ・HIV・ノロウイルス・O-157・インフルエンザ・B型肝炎・C型肝炎・MRSAなどに有効

一般的な次亜塩素酸HOCLの殺菌力は、全ての菌とウイルスを殺菌・殺ウイルスします。 歯科医院で生まれた口腔洗口剤です。

メインテナンスサイクルをあなたに合わせてプランニング

車やバイクは月ごとの給油やオイル交換、洗車や車検など、常にメインテナンスが必須です。口腔内も同じく、定期的なメインテナンスは必要不可欠です。
交換の効かない一生物を維持していく為には自分にあったメインテナンスが必要です。
そのためのプランをご用意。月に1回から半年に1回までのサイクルでご提案させていただきます。

始めるのは簡単です

①クリーニング
②自宅でのセルフケア
③次回のメインテナンスサイクルの決定

詳細な治療費用

  • 初診時
    初診料、検査料、治療費用、歯ブラシ費用、指導費用込み:16,500円(税込)
  • 2回目から
    再診療、治療費用込み:9,900円(税込)

クリーニングを比較する

クリーニングPro
通院回数が少ない
痛くない
ほとんどの汚れを除去
インプラント・矯正中でも可能
保険のクリーニング
通院回数が多い
痛い場合がある
取り残しが多い
インプラント・矯正中は困難

一緒に治療しよう

予約

歯のクリーニングのスペシャリストが無料カウンセリングを行っています。
予約フォームまたは03.3792.8210へ電話でどうぞ。