2022.04.09 お知らせ

3歳から出来る、予防の為の歯列矯正

皆さん3歳からマウスピース式矯正を始められるのはご存知ですか?
矯正に対してどのようなイメージをお持ちでしょうか。
・歯を抜くんじゃないの?
・痛いんじゃないの?
といったイメージがもしかしたらあるのではないでしょうか。

また、お子様に次の様なことはみられませんか?
①歯並び
・乳歯が隣の歯とキツキツに並んでいる。
・噛み合わせた時に下の歯が上の歯と反対にかみ合わさっている。
・上の歯が下の歯よりも前に出ている。
②クセ
・気づいた時にお口がポカンと開いてることがある。
・うつぶせに寝ている。
・頬杖をついている。
・唇を噛んでいる。
このようなことがお子様に見られたら是非当院にてご相談下さい!
舌・顎・頬の筋肉を鍛えることで歯並びを改善できる可能性があります。

歯並びを悪くする原因

①口呼吸
→歯並びが悪くなる
実はそれだけではなく、、
・風邪をひきやすくなる
・虫歯になりやすくなる
・口臭の原因になる
・集中力が低下する

②頬杖
→上下の噛み合わせが深くなりやすい

③うつぶせ寝
→歯が移動し歯の並びが変形しやすい

④唇を噛む
→・出っ歯になりやすくなる
・噛み合わせが反対になってしまう
これらのことが歯並びを悪くする原因になることがあります。

プレオルソは歯を直接ワイヤーで動かす矯正ではなく、歯並びを悪くしている原因を取り除いてあげることで間接的に歯並びを改善していく矯正になります!
永久歯に生え変わる前(3歳~10歳まで)の骨が柔らかい時期に始めると効果が出やすいマウスピース式矯正です。

プレオルソの特徴

歯並びの状態によって3種類のタイプ、硬さ、サイズから1人1人のお子様にあったマウスピースを提供します。

~メリット~
①ポリウレタン製の柔らかいマウスピースを使用するので装着時の痛みがほぼなく、弾力性があるので壊れる心配がほぼありません。
②既成品なので作り替えるたびに歯型をとる必要がなく、歯型をとる気持ち悪さがありません。
③ワイヤー矯正に比べていつでも取り外しができるのでお口を清潔に保つことができます。
④正しい発音や飲み込み方が習得できます。
⑤歯並びを悪くするクセを早いうちに改善することで歯並びの悪化を未然に防ぐことができます。
⑥口呼吸、指しゃぶり、唇をかむ、舌を突き出すなのどの歯並びに影響を与えるクセを改善することができます。

~デメリット~
①年齢が低いほど治療に慣れるまで時間がかかるので、お父様お母様が根気よくお子様への協力を求めることが必要になります。
②あくまでも歯並びが悪くなるのを防ぐための治療ですので、状態によっては予想通りの歯並びにならないこともあります。
細かい歯の移動は難しい為、必要に応じて
・プレオルソ→ワイヤー矯正(本格矯正)
・プレオルソ→マウスピース矯正(本格矯正)
へと以降することもあります。
プレオルソをしておくことで歯並びの悪化を防ぐことができるので、本格矯正の期間が短く済むこともあります。

どれくらいつければいいの?

「家にいるとき(1~2時間)」と「寝ているとき」に装着するだけです!
ですので、保育園・幼稚園・小学校に通っている時間帯などは装置を外せるのでご負担が少ないです。
歯並びの状態と年齢によって期間や適応等異なりますので、少しでもお子様の歯並びに興味がありましたら是非こちらのマウスピースもご検討してみてはいかかでしょうか。
是非当院までご相談ください!

歯科衛生士 伊藤