2022.05.14 診療コラム

ボツリヌス

みなさんこんにちは、歯科衛生士の松本です。今日は少し肌寒いですね。gwあけのお仕事頑張りましょう。ところで皆様は歯ぎしりやくいしばりをしていませんか?

歯ぎしりや、食いしばり、顎関節症は改善できるのをご存知ですか?歯と歯は1日15~20分しか噛み合っていないのです。それ以上噛み合っていると食いしばりをしているかもしれません。私もその一人です。自分の気づかないところで口腔内に影響を与えているかもしれません。歯ぎしくりはばりが強いと

①顎関節症

②歯吹けや割れ(場合によっては歯根の割旺

③インプラントや差し歯なでの修復物の脱離や欠け

④知覚過敏歯病悪化⑥舌頬粘膜のこすれや圧痕などのお口のトラブルを生じることに加え⑦咬筋の肥大(エラが張る)

⑧頭痛・肩二り・

⑨寝室を共する友人やパートナーの訴えヤ睡眠障害なで様々で身体、精神的トラブルを生ます.現時点では.残念ながら歯ぎしりや食いしばりを効果的に柳制する治療ち法はありません、その為 あくまでも歯ぎしりくいばりによる悪影響を転減さでる治源が行われおり一般的にマウスピース を使用する保存的、治源を選択します.しかマウスピースを 使用しても改善が認められないろ.には防肉 活動自体を抑えるボツリヌス治療が有効です。ボツリヌス治療とはボツリヌス菌が産生するボツリヌス毒素から抽出した「ホツリヌストキジニコと呼ばれる有効成分を筋肉に注射することで筋肉の働きを抑え弱るくすることを目的にした治療です。「ボツツヌス菌」もしくはボツリヌス毒素をそのまま注射するわけではないのでボツリヌス中毒になる心配は全くありません・また注身した局所で効果を発揮するもので全身に流れ、心臓や内臓等の他部位の筋肉まで弛緩してしまうという心配もありませんボツリヌス治療は噛むための筋内である、咀噌筋のうち咬筋に注射をして症状の緩和を図ることを目的としております.ホツリヌス注射によって全くしなくなるということはありませんが・筋肉自体 の働き、収縮を緩めることができるので.結果として歯ぎりくいばりによる影響を少なく、するこしが期待 できます.持続期間は2~3日後から 効果が現れ.1ー2週前後で安定 しピーク個人差にもよりますが.4~6ヶ月ほどで効果がなくなる.効果を断続させたいちは.3~5カ間隔で注射ををすることをおすすめします。少しでも気になりましたらお話だけでも聞きにきてください。お待ちしております。最後までお読みいただきありがとうございました。コンサルは無料で行っております。お気軽にお訪ねください。